ホーム > 花粉症治療

花粉症治療・プラセンタ療法

花粉症治療

当クリニックでも花粉症の治療が可能です。
当クリニックでも花粉症の治療が可能です。

毎年、関東地方のスギ花粉の飛散時期は2月~5月です。
花粉の量は毎年違い、多い年・少ない年があります。
くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど、患者さんによって個々の症状は様々で、適した薬も違ってきます。

抗アレルギー剤を服用された方もいらっしゃると思いますが、花粉の飛び始める2週間程度前から(症状が出る前)服用を始めると、より効果的で、症状を軽減することができます。

つらい症状で毎年お悩みの方は、早期の抗アレルギー剤の服用をおすすめしています。
花粉症の時には耳鼻咽喉科にかかる方が多いと思いますが、当クリニックでも花粉症の診療が可能です。
当クリニックでは、診察のうえ、患者さんに合った治療法や様々な種類のお薬の処方など、ご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

なお、スギ花粉症の舌下免疫療法は行っておりません。

花粉症と風邪の違い

花粉症の症状は風邪とよく似ているため、勘違いしてしまうこともありますが、花粉症と風邪の違いはいくつかあります。

プラセンタ療法

  • プラセンタ療法とは?
  • プラセンタの美肌作用
  • プラセンタのアンチエイジング効果
  • プラセンタ療法の効果
  • プラセンタ療法の実際
プラセンタとは?
プラセンタとは?

お母さんのお腹の中で、お母さんと赤ちゃんをつなぎ赤ちゃんを育てる胎盤という臓器の事をプラセンタと呼びます。

わずか10カ月で受精卵が3kgもある赤ちゃんに成長するのは、この胎盤の持つ豊かな栄養素や細胞分裂を促進する物質のお陰です。

胎盤の薬効は世界中で古くから注目されており、多くの漢方薬にも配合され、滋養強壮、若さを保つ(アンチエイジング)薬として、現代医療の現場でも使われています。当院ではプラセンタの注射薬を取り扱っていますが、これは人の胎盤由来であり、飲み薬のプラセンタのような動物から抽出した成分は使用していません。

プラセンタ療法とは?

プラセンタ療法とは?プラセンタ(胎盤)から抽出されたエキスの有効成分を、注射などにより治療に用いる療法の事です。
新陳代謝を促進、自律神経やホルモンのバランス調整、免疫・抵抗力を高める等、様々な薬理作用を持っています。

プラセンタの美肌作用
プラセンタのアンチエイジング効果
プラセンタのアンチエイジング効果

アンチエイジング(老化防止・若返り)の分野でも、プラセンタは高い評価を得ています。加齢とともに全身の機能が低下していきますが、これは肝臓や腎臓などの様な単一の器官の機能低下とは異なるため、それぞれの器官に対する薬剤では効果が期待できません。

プラセンタは、多数の生理活性物質が自然のままの状態で混和しているため、全身の器官の機能低下を補う力を持っています。

病気ではないけれど、全身の機能低下による諸症状を緩和する働きがあります。
老化により全身の細胞数が減少しますが、胎内で赤ちゃんを育てる細胞増殖因子を多く含むプラセンタには、新しい細胞を作って老化した身体を細胞レベルで若返らせる効果があります。

プラセンタのアンチエイジング効果の詳細

前述した美肌効果、アンチエイジング効果の他に、次の様な様々な効果が臨床現場で確認されています。

プラセンタ療法の実際

自費診療になります。

どこに注射するの?

肩、上腕、腰などに皮下注射します。それ程痛くありません。

ページの上へ戻る

どのようなペースで注射するの?

初めは、週2回×6週がお勧めです。その後は、月2~3回での継続が良いでしょう。

ページの上へ戻る

費用はどのくらいかかるの?

・プラセンタ1A ¥1,500
・プラセンタ2A ¥2,000 ⇒もっとも効率が良く、お勧めします。
・プラセンタ3A ¥2,500
なお、初回のみ初診相談料¥2,000がかかります。2回目以降の再診療は無料です。

ページの上へ戻る