ホーム > 一般内科

一般内科、生活習慣病・メタボリックシンドローム

一般内科

インフルエンザ、気管支炎、肺炎、気管支喘息・咳喘息・花粉症などアレルギー性疾患、糖尿病(インスリン 加療含む)、甲状腺疾患、痛風、高脂血症、慢性の胃炎、腸炎、慢性肝障害、逆流性食道炎、不眠症、便秘症、めまい、貧血、骨粗鬆症、更年期障害、自律神経失調症など。一般的な内科疾患も、いつでも診察いたします。
お気軽にご相談ください。

生活習慣病・メタボリックシンドローム

生活習慣病について
生活習慣病について

かたよった食事や運動不足、飲酒、喫煙、ストレスなど、主に生活習慣が原因となる病気で、代表的なものには、脂質異常症、高血圧、糖尿病などがあります。これらの病気は自覚症状がハッキリ現れにくく、知らない間に動脈硬化が進んでしまい、狭心症や心筋梗塞、脳卒中、閉塞性動脈硬化症(ASO)等の病気を引き起こしてしまいます。

さらには、いくつかの生活習慣病や因子が重なることで、心臓病や脳卒中が引き起こす危険性がより一層高まります。生活習慣の改善は生活習慣病の予防に繋がりますし、かかった後でも治療のポイントとなりますので、日頃から生活習慣全般に注意を払い生活しましょう。

高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風などの生活習慣病の診断・治療・管理。
※メタボリックシンドロームの診断断・治療も行ないます。
定期的に検査を行い、発症する前から早期発見・治療を行うと共に生活習慣の改善なども行うことが大切です。

当院で検査を受けられる方々のよくある症状
生活習慣病危険度チェック食事は魚より肉料理が好き血圧や血糖値がやや高い(境界線にある)といわれたことがあるタバコがやめられないついつい夜更かししてしまうほとんど毎日お酒を飲んでいる階段よりエスカレーターやエレベーターに乗ることは多い食事時間は決まっていない、あるいは夕食が遅い

当てはまる項目が多いほど生活習慣病になる可能性が高くなります。
できるところから改善しましょう。

メタボリックシンドロームとは?

近年では、糖尿病などの生活習慣病は、それぞれの病気が別々に進行するのではなく、内臓の周りに脂肪がたまり、おなかが出て外見がリンゴ型になる内臓脂肪型肥満が大きくかかわるものであることがわかってきました。
メタボリックシンドロームの出発点は、この内臓周りに脂肪が付く「内臓脂肪」だと言われています。
この内臓脂肪型の肥満に加え、高血糖、高血圧、脂質異常のうち2つ以上該当した状態のことを、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)といいます。

内臓脂肪が過剰にたまると、糖尿病、高血圧症、高脂血症などの生活習慣病を併発しやすくなります。
また、血液中の脂質、血圧、血糖がやや高い程度の、まだ病気と診断されない予備群でも、併発することで、動脈硬化が急速に進行しますので注意が必要です。

あなたはメタボ??ウエストサイズは男性85cm以上 女性90cm以上であるはい が2つ以上あれば メタボリックシンドロームと診断されます血液検査でトリグリセライド(中性脂肪)が150mg/dL以上である、 またはHDL(善玉)コレステロールが40mg/dLより低い。 最高血圧が130mmHg以上である、 または最低血圧が85mmHg以上である。 空腹時の血糖が110mg/dL以上である。  いいえ メタボリックシンドロームと 診断されませせん。