ホーム > 動脈硬化

動脈硬化

動脈硬化とは?

動脈硬化とは?

動脈とは心臓から全身に血液を送り出している血管のことです。動脈硬化とは、文字通りこの動脈が硬くなることや、細くなったり、詰まったりするのが動脈硬化です。

かなり進行しても、ほとんどは何の症状もみられません。
しかし、進行とともに、心臓に大きな負担がかかるため、高血圧、心肥大、心不全などの心疾患につながります。また、血管の内側にできたプラークが大きくなり血管が狭く、詰まりやすくなり、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞そして下枝閉塞性動脈硬化症などを引き起こします。

たかが動脈硬化とあなどってはいけません。
死につながる恐ろしい症状を引き起こす危険を抱えているのです。

動脈硬化チェック

動脈硬化チェック

一つでも当てはまる方で、且つ「高血圧」「糖尿病」「脂質異常症」「40歳以上」の方は、最近では、簡単に分かる検査がありますので、動脈硬化症がどの位進んでいるか一度検査を受けた方が良いかもしれません。

当院では、短時間で簡単に動脈硬化の程度を評価できる「血管年齢検査」を行っています。

また、超音波で頚動脈(首の動脈)を観察して、動脈硬化の程度、脳梗塞発症の危険度のチェックも行っています。

これらの検査に関しても、お気軽にご相談ください。